コンクリート診断士の試験対策どっとこむ
合格率20%の壁をやすやす破る!
どうしても合格したい人のためのコンクリート診断士試験講座

教材提供:有限会社コンクリート診断技術ブレーンセンター(担当:浅野慎一)
TEL:   042-390-8335
〒189-0022 東京都東村山市野口町2-24-2 リヴァージュ静108

コンクリート診断士試験受験者のためのWEB教材

 
  ■TOP

  ■お申込み方法  

 *お申込みフォーム  

 *お問合せフォーム

*************

 四択対策講座

  ■講座概要

  ■操作方法

  ■チェック式問題

  ■四択問題

*************

 記述式対策講座

  ■講座概要

   ■記述式問題対策

*************

  ユーザー専用サポート

*************

  ■診断技術用語集

  ■参考書

  ■よくある質問

 *四択対策編

 *記述式対策編

  合格体験談

*************

 利用許諾契約書

 特定商取引法に基づく表示

 OFFICIAL SITE

■ 難攻不落の壁を打ち破る方法



本試験に合格できるかどうかは、記述式問題で作成する答案の出来にかかっています。

四択の壁を越えても、それらしい答案を作ることができなければ、診断士になることはできないのです。


こうしたことはわかりきったことですから、皆さんは記述力を高めるための対策を考えていることでしょう。

参考書やネットの情報、各種サービスの利用、上司の指導を受ける、独学を貫くなど、さまざまな方法があります。


しかし、“やはり”と言ってはなんですが、書かなくてはならない試験です。

であれば、手を動かしてみる必要があるでしょうから、“書いたものを見てもらう”という方法を取り入れる方が多いのでは…と思います。


それでよいのです。それに勝る方法はありません。


というのは、答案の良し悪しは自分でも評価できるのですが、主観を排除することはできないため、どうしても甘めの(要するに自己肯定的な)評価になってしまうからです。

主観の混じらない評価を得るには、第三者の目で見てもらう必要があるのです。

指摘されたことを理解し、その点を改めると、自己満足に過ぎなかった答案が、外部評価の高いものに変わります。結果として、合格までの距離が縮まるわけです。

ですから、“自分ではない誰かの目で見てもらう(評価してもらう)”ということは、記述系の試験の対策として、必要度の高いものと言えるのです。



しかし、しかしです。



こうした方法で記述力が向上するのは確かですが、そうすれば合格ラインを超えられるのかというと、必ずしもそうではありません。


“ひとによりけり”と言わざるを得ないのが厳しいところなのです。


適当な評価者を得て、その指導を仰げば、そうしない場合と比べ、合格に近づくことは間違いありません。


ですから、そうすべきなのです。 ですが、それだけでは足りない人もいます。


実力がついた結果、合格ラインまでの距離が縮まったとしても、超えていなければ合格することはできません(図1の①の状態です)。



これは、残念なことではないでしょうか。


どうせやるのであれば、中途半端な実力アップではなく、常識では考えられないような飛躍により、一挙に合格ラインを突き破りたいものです。



そんな方法があるのでしょうか?



あなたと同じように、答案指導を受けている受験者はたくさんいます。いわば、同朋です。

各人がそれぞれに記述練習をするよりも、参加者全員の答案と指導内容を共有するようにすれば、最終的な到達点をずっと高くすることができると考えられます(図1の②の状態)。

というより、本講座の経験をふまえて言わせていただくなら、実証されているといっても過言ではありません。




       図1 試験対策の方法と到達点の関係




本人向けの指導を受けるだけでは、合格ラインを超えられない場合もあるはずですが(図2)、参加者全員分の指導も合わせて受けてしまえば、あり得ないところまで到達することも夢ではないのです(図3)。



本講座が採用しているのは、そのような方法です。

 

各自がてんでばらばらに取り組む場合、それぞれの力は非力なものですが、これが一堂に会しますと、個々の到達点は大幅に引き上げられるのです。


どうして、そんなことが起こるのでしょうか。


不得手なところをたがいに補い合うためと考えられます。


皆のために一役買いつつ、その一方で同胞諸氏の手も借りて強化に励んでいるわけです。



必要なものはなんでしょうか?


適当な評価者と、同朋と、教材です。


本講座には、すべてがあります。



目標を同じくする仲間とともに、難関試験の合格を目指してください。






          図2 一般的な添削指導



 


            図3 本講座が採用している方法



 

このページの上に戻る



☆☆☆ブレーンセンターは、コンクリート技術者の資格取得を応援します!☆☆☆

Copyright (C) 2006 Concrete Diagnostic Technic brain center All Rights Reserved.